N経済研究所

海底の奥深く 財宝は静かに横たわる

Sunday, March 05, 2006

M銀行

 M銀行の悪口でも書こうと思う。個人的に嫌いでしょうがないので、そこらへんは割り引いて読んでもらえると中立な記事になるかと。
 事は数年前一本の電話が会社に鳴ることから始まる。「M銀行○○支店ですがNさんいますか?」「はい、私ですが。」との適当なやり取りの後に鬱陶しい攻撃が始まる。「御社の親会社さんと取引したいのですが、親会社さんについて色々教えてください。」との事である。
 あまりの阿呆さに驚いたが、電話で「M銀行」と名乗られただけで本当に「M銀行」か証明できる訳も無くこちらもべらべらと喋る訳が無い。
 仮に本当だったとしても他の会社の事は私は喋ることは出来ないと言っても全く理解して貰えない。最後には「おたくの社長から貴方の名前を聞いたんだ」とか「ここで答えてもらわないと困る」とかの話を延々と30分され代わってもらった支店長にまで同じ話をされる。埒が明かないので「社長の会社の話は社長に聞けよ」と言って電話を切る。 その後親会社の総務部長に「人の名前を勝手に出すなって言っとけボケー」と電話をする。
 しかし、電話一本で他の企業のことをぺらぺら喋る人間なんて居るのだろうか?こういう場合は常識的にアポイントを取って面談をするのが普通であろう。それでも追い返すけど。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home