N経済研究所

海底の奥深く 財宝は静かに横たわる

Sunday, February 19, 2006

保険金

 中小住宅設備工事メーカ社長である田坂部設備機器株式会社代表取締役社長の田坂部から当社経理部長宛に「売掛金の支払いは今後一切出来ない。なぜなら私はお金が無いから。」との通告が有ったが為に会議室と言う所に呼ばれ、社長、専務、常務、支店長、総務経理部長と言う面々で朝から会議室に詰めていた。

 昨晩少し飲みすぎた為か会議の最初に出されたお茶を一気に飲み干す。喉が渇いたなともじもじしつつ、女子社員にお茶のお代わりを告げるのも、「緊急事態において危機感が足りない。経理責任者がそれだからこういった被害に遭うのだ」という言われ無き批判に遭う可能性がある。「ちょっとすいません。」なんて言って、手を宴会のすんませんのポーズにして席を外す。そしてトイレで放尿後手洗い用の水を含み口に残るアルコール分を流した後にもう一度口に含み今度は飲み干す。 帝石データバンクに携帯で電話して現在出ている田坂部の信用情報を適当な会社と合わせてFAXで送付してもらいそれをポケットに入れて会議に戻った。

 結論の見えない会議が延々と夕刻まで続き、誰かに責任転嫁しようとした常務の言葉「経理部長の考えと意見を聞きたい。」との発言に帝石データの調査ではまだこの田坂部の事は広まっていないことを次げ、債権保険を掛けて今後仕事を発注しないことにする事を告げた。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home