N経済研究所

海底の奥深く 財宝は静かに横たわる

Friday, February 17, 2006

北朝鮮の盲点(雑感)

 本日私のスーパーハイテク兵器、携帯電話を駆使して情報を収集していると、次のニュースが飛び込んできた。「日本の貿易会社が朝鮮へ細菌兵器を不正輸出」
 その後会社でニュースを見たがどこにも出ていなかったのでもしかしたらガセと言うやつかもしれない。そこらは割り引いて欲しい。

 最近の不正企業の発覚と言うのはどうもお粗末でならない。例えば「姉歯」偽装した図面が出てきたのだが、何故保存しておくかが不明である。例えば不倫相手の写真を持ち歩いていて見つかるに等しいくらい間抜けだ。
 ライブドアの堀江もそうだ。犯罪行為をメールでやり取りするなど言語道断で基本的には信用できる人間に会って口頭が基本である。
 そして今回の貿易会社は細菌兵器へ転用可能な食物乾燥機を不正に台湾を経由して北朝鮮に送ったとの事だ。
 核問題、食料問題、経済制裁で押さえつけられている国である。こんな事が見つかってしまったらまた自分の周りを包囲される結果になる。細菌兵器を使用することになった場合どうなるのか?時刻軍隊を率い、空母、揚陸艦で出兵をする。「あぁ細菌兵器も持っていこ」なんて言って日本を攻める。アメリカを攻める。はっきり言って全く意味が無い。

 私だったらどうするか?それは日本に細菌兵器を置いておけばいい。アメリカに仲間が居るのならアメリカにもおいておけばいい。わざわざ朝鮮に持ち帰り使用時に日本にまた持ってくる手間をかけるのはなんなのか?それは自分はこれを手に入れたと言うことを脅威として知らせたいだけで使用する時のことまでは考えていないのであろう。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home